お宝探求 <5> コンスタンティヌス帝 CampGateシリーズ Rare5の潜むmint編


    (5)Rare5を輩出する造幣所(Mint) 

    ローマMint 318-319年 Mintマーク R|P/PRを除くとRare5のCampGateコインを輩出する領域は限られてきます。
    工房の種類(A,B,Γ,Δ.....)によってはRare5を獲得している場合もありますが
    ここでの取り扱いはMintマーク単位での本格的なRare5を優先させることとし工房の違いによるRare5コインを割愛させていただいております。
    そこでアルル、テッサロニカ、トリーア、ニコメディア、ヘラクレア、アンティオキアMintのRare5をピックアップすることにしました。

    (5)-4 ニコメディアmint
    4期のMintマーク /SMNA 328-329年登録されている
    RIC VII 155 バストタイプ:E2は
    2014年5月現在において未確認のためカタログに掲載できておりません。
    RIC VII 155のカタログは こちらへ

    バストタイプ-E2:王冠を戴いた肖像(Diademed)については こちらへ
    にてご参照いただけます。

    下記画像@にRIC VII 155ではないかと判断されるコインを掲載しています。
    コイン裏面のmintマークは不鮮明ですが次の二つのうちのいづれかではないかと調査・分析しましたが
    SMHSかSMKS
    SMHSはヘラクレアmint,コイン表のコンズタンティヌス帝の肖像が明らかに異なります。
    SMKSはキュジコスmint,コイン表のレジェンドがCONSTANTINVS MAX AVGですから異なります。
    可能性としてはRIC VII 155がとても高いと
    しかしながらコンスタンティヌス帝の肖像が今一つニコメディアmint風ではないように見えます。

    下記画像AにRIC VII 154を掲載しています。 バストタイプ-E1



     ※ 画像をクリックすれば大きな画像で確認できます。
    • Photo
       @RIC第7巻:RIC VII 155

       写真提供 ebayseller: numismatiklanz (100332) ---ドイツのディーラー  

      2011/11/14 出品
    • Photo
       ARIC第7巻:RIC VII 154

       写真提供 ebayseller: dionysos_numismatik (5653)---ドイツのディーラー  

      2013/3/1 出品